悪徳業者の手口

悪徳業者に関わるな!巻き込まれる前に知っておきたい手口

 

最近特に多い悪徳業者の手口をご紹介しています。前もって手口を知っておけば巻き込まれませんね!

悪徳業者の注意する婦人警官

 

代表的な悪徳業者の手口パターン例

 

車リース金融

「車乗ったまま融資!」というビラやチラシを目にしたことがあると思います。
そのビラをやチラシを見て借入れの申込みをすると、免許証・車検証・実印と引き換えに融資してくれます。
リース料という名目で、法外なとても高い利息を支払うことになります。支払いができなくなって滞れば、車は売り飛ばされます。

 

 

090金融

090金融は無店舗で、街角の電柱などのチラシのみで集客しているため、実態がつかみにくいのが特徴です。
チラシの携帯電話の番号に連絡すると、待ち合わせの場所と時間が指定され、待ち合わせ場所で落ち合うと法外な高金利で融資をしてくれます。
勤務先の名刺や免許証の写しなどを元に、本人確認とその後の取り立てを行います。

 

 

システム金融

主に中小企業の経営者、個人事業主や個人店舗経営者などに、小切手や約束手形を担保として融資を行います。借入れした人が高金利で返済ができなくなると、違法な厳しい取立てを行います。

 

他の消費者金融などに借入れ申込みさせて返済させます。もしくは他の金融業者側からタイミングよく勧誘します。複数の悪徳業者がぐるになって、次々と債務者に融資をもちかけていきます。
最終的に債務者の返済が膨大になって、自己破産などに追い込まれます。

 

 

債務整理詐欺

多重債務者などに「債務の整理お手伝いします」などと言葉巧みに近づき、高額な手数料を要求します。
債務整理は弁護士か認定司法書士以外には行えません。弁護士、もしくは認定司法書士出ない場合は詐欺の可能性が高いです。ただし、整理屋詐欺の業者と弁護士が裏で結びついていた事件もあるので注意が必要です。