リボルビング返済の詳細

とりあえず人気のリボ返済にする?

 

最近は、「毎月の支払額が一定で、無理なく返済できる」とリボルビング返済方式が人気で、リボ返済を選ぶ人が増えています。

 

しかし一方では、リボルビング返済では返済期間が長期化するというデメリットもあるのをご存知ですか?

 

「返済はリボ返済でいいですか?」と尋ねられて、訳もわからず「はい」と答える前に、リボルビング返済の特色くらいは理解しておきたいですね。みなさんが良く利用するリボルビング返済について、特集してみました。返済方法に迷った時のご参考に!

 

 

リボルビング返済の基本の考え方

 

リボルビング返済とは、利用金額にかかわらず、毎月一定の金額(ミニマムペイメントという)を支払う決済方法です。毎回の返済額を決め、その金額に応じて支払い回数が決定されます。途中で追加利用をしたり利用残高が増減したとしても、毎回の返済額は変わらない@定額払い方式と、残高に応じて返済額が変動するA残高スライド方式があります。

 

 

リボルビング返済のメリット

リボルビング返済で定額払い方式なら、利用金額が増えても毎回の返済額には影響がないので、「とにかく毎月1万円だけ返済する」「とにかく毎月2万円だけ返済する」と、利用者が決めた金額を延々と支払っていく(定額リボルビングという)だけなので、シンプルでわかりやすく、しかも毎月の返済額も低く無理なく設定できます。

 

リボルビング返済のデメリット

毎月の返済額を無理なく低く抑えることで返済は長引きます。返済が長びけば長引くほど、それだけ利息の負担も大きくなるというデメリットがあります。
また、リボルビング返済の手数料率は分割払いより高く設定されていることが多いです。

 

 

 

まとめ

 

リボ返済は回数ではなく最低支払額を定めた方式なので、利用限度額の範囲内ならいくら利用しても支払金額は毎月一定にできます。
利用者にとって、毎月の返済が無理なくできるというメリットがある反面、返済が長期化して、いつまでたっても返済が終わらず、長々と金利を払い続けるという悪循環に陥る可能性もあります。

 

リボルビング返済を利用するときには、毎月の返済額がいくらかだけではなく、全体での残高はいくらか、返済にあとどのくらいの期間がかかるのかなども併せて理解しておきましょう。そのように意識しておくだけでも、無駄に借入れ額を増やしたりするリスクを減らす効果があります。

 

 

おすすめの返済方法は?